スポンサードリンク

2009年10月20日

ダイエット中でもチョコレート

ダイエット中にはお腹が空きがちですね。

食事制限をしているつもりがなくても、無意識に食べることに罪悪感を感じて食事の量が減っているのでしょうか。
それとも、「食べちゃダメ、食べちゃダメ」と思うことでよけいに食べ物のことを考えてしまっているのか・・・

普段よりもおなかが空きやすいような気がしませんか?

そんなとき、まじめにダイエットをしようと思っている方は、きっと我慢しますよね。

でも、間食を無理に我慢する必要はありません


.
無理に我慢してしまうとかえって反動でドカグイに走ってしまうことがあります。
ダイエット中に間食をしたくなったときは適度に食べることをお勧めします。

しかし、なんでもかんでも、食べたいだけ食べるのはもちろんアウトです。
ダイエット中に小腹が空いたら、水分が多く含まれているもの栄養が高いものを食べるようにしましょう。

水分が多く含まれている食品はリンゴやイチゴなどのフルーツ
栄養価が高いものはチョコレートや大豆で出来ているお菓子ソイジョイなどがあります。


りんごやいちごなどのフルーツは、カロリーが少ない上に、消化吸収に使われる消費カロリーが高いのです。
リンゴ100キロカロリーに使われる消化吸収のカロリーが150キロカロリーといわれています。
つまり、50キロカロリーずつ減っていくことになりますね。

果物には糖分も多く含まれているので大量に食べることはオススメ出来ませんが、ダイエット中に小腹が空いたときに適度に食べる分には適しています。


また、チョコレートは食事前に食べることで血糖値を上げて脳を満足させ、食事を少ない量で済ませることが出来ます。

一時期シュガーレスチョコレートやポリフェノールのたくさん入ったチョコレートが流行りましたね。
ポリフェノール100%のチョコレートはとても苦いので好みが分かれる所ですが、
甘味が少なくポリフェノール値の高いチョコレートを1、2粒、ゆっくり味わって食べることでリラックス効果も得られます。

ストレスを溜めずにダイエットをするためにも、食事の前に少し高級なチョコレートと温かい紅茶でティータイムをするのも良いですね。


逆に食べるのを避けた方が良いのはホットケーキやクッキー、ドラ焼きなど。
炭水化物と油を多く含む食品は控えましょう

炭水化物と油は、一緒に食べるとそのまま脂肪に変わってしまいます。


ちなみにカロリーメイトなどのバランス栄養食は、栄養を手軽に摂るためのものであって、ダイエット食ではありません。
ダイエットのために、食事代わりにカロリーメイトを食べる方もいますが、意外と高カロリーなので気を付けてくださいね。


ダイエット中だからと言って、空腹を我慢することはありません。
むしろあまり空腹を我慢すると、身体が飢餓状態と勘違いしてカロリーを溜めこもうとしてしまい、ダイエットにはマイナスです。

賢く間食をして、ストレスのないダイエットを楽しみましょう。



この記事は村本エリカ.comのダイエットアドバイザー、村本エリカさんからの情報を元に作成されています。
脂肪が燃焼していくダイエット「シークレットノウハウ」を開発した村本さんは、その内容を解説したレポートを無料で配布しています。
299名の限定配布となりますので、この機会に村本エリカさんのシークレットノウハウレポートをぜひお受け取りください。

シークレットノウハウレポート

.
スポンサードリンク
posted by kupa at 00:26 | Comment(0) | ダイエットと食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner3_41992.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。